ビデオポーカーの基本的なルールを解説

ビデオポーカーの基本的なルールですが、配られた5枚のカードで役を作るという点は一般的なポーカーと変わりはありません。ただ、一般的なゲームではただ単に高い役を作ればそれで勝ちというものではなく相手との駆け引きが重要で、こちらが低い役であっても強い役ができているふりをして相手をドロップに追い込めば勝ちになりますし、その逆でこちらが負けることもありますが、ビデオポーカーの場合はそのような駆け引きの要素はありません。単純に、最終的にできた役に応じた倍率での払い戻しが受けられるということになります。
カードの配られ方や交換についてはオーソドックスなポーカーと全く同じです。つまり、最初に5枚のカードが配られ、残しておきたいカードと交換したいカードを選び、交換したい枚数と同じだけのカードが新しく配られることになります。そうして最終的に5枚のカードで役作りを競うことになります。これがこのゲームの基本ですが、これだけではあまりに単純すぎるということもあり、マシンの種類によってはルール、とくに役ごとの配当の倍率などにバリエーションが設けられていることもありますので、プレーする前に事前に確認しておくのが良いでしょう。

All images belong to their respective copyright holders.