麻雀の待ち方を覚えよう

近年ではさまざまなゲームやパソコンやスマートホンなどでタイムリーに楽しむことができるので麻雀は大好きだけど実際の牌を触ったことがないという方は多いかもしれません。そのため、いざ友人や店舗に行って実際に麻雀を打ちたい、となったときに牌の持ち方がわからず困ってしまうという方は多いかもしれません。


そんな触ったことがない人には少し厄介に感じてしまうかもしれない牌の一番簡単な持ち方は、利き手の人差し指と親指で牌の下側をつまんで捨てるところにもっていき切るときに人差し指をずらし親指で牌を切る、というものです。その際には他家に牌がしっかりと見えるように親指を下側に置き人差し指は右側に置くのが良いでしょう。その後、置き終えたらすぐに人差し指を使ってきれいに並べます。これをすばやく行うことで音もならず少ないミスで着ることができることでしょう。なお、変な持ち方をするといかさまを疑われてしまう可能性がある点には特に注意が必要です。あまり麻雀の経験がなくその持ち方に自信がない場合素直にその旨を相談するのが良いでしょう。また、触る機会が増えれば増えるほど自然と慣れて持ち方なんて気にならなくなる人がほとんどです。不安な方は事前に動画サイトなどを参考に少し触れておく時間を作っておくと良いかもしれません。ただ、基本的に麻雀は楽しむためのゲームです。ぜひ肩ひじや見栄を張らず力を抜いてその世界観を楽しんでみてください。

*Images belong to their corresponding owners and copyright holders.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする