カジノ法案が通った後は、オンライン・カジノも正式に合法になる?

カジノ法案が通ったからといってオンラインカジノが解放されるわけではないということをきちんと理解しておかなくてはいけません。カジノ法案が通った後でも、オンラインカジノを賭博目的で行うと犯罪行為になってしまいます。そもそもカジノ法案というのは統合型リゾートを作るための法案であって、カジノを合法的に認めるための法案ではないということを理解しておく必要があります。統合型リゾートというのは、国際会議場や展示施設といった様々な施設を念頭においていますので、カジノに限定した法案ではないということです。

日本の場合は公営ギャンブルとして認められているもの以外は、ギャンブル行為は違法行為となっています。これはカジノ法案が通った後でも変わりありません。ではなぜカジノ法案が注目されているのかと言うと、外国人観光客を集客して日本経済を活性化させることができると期待されているからです。カジノは外国人から見ても魅力的なものであるため、日本国民向けに対して整備されるというわけでもありません。統合型リゾートという名称からもわかるように、外から多くの人がやって来ることを念頭において法案を作っていますので、日本国民がギャンブルをするためにこの法律を通すわけではないわけです。ですから、勘違いをしてオンラインカジノで賭博行為をしないように注意をしなくてはいけません。もちろん、この法案が通ることによって日本国内のギャンブルの考え方も変化する可能性はあります。オンラインカジノに関する法律が必要だと考えられる可能性はありますので、これからの動向に注視しておきましょう。